損しない先物取引

MENU

日経225

日経225というのは先物取引なのですが、そもそも先物取引というのは価格が動くことによって起きる損失のリスクを減らすというのが目的です。日本はたとえば天候や収穫によって価格が大きく変わるお米などの相場が先物取引に由来しているといわれています。

 

日経225というのは先物取引ですが、日経225の将来的な価格を予測して、上がるときには買って、転売して決済する、下がれば売って、買い戻しして決済するといった売買で利益を得るという取引のことを日経225といいます。

 

日経225は日経平均とも言われているのですが、日経新聞社が選んでいる225の会社の株の値段をダウ平均株価算出方法を基本にして、計算して修正平均を出した数を出したものです。日経225の銘柄が225あることから日経225という名前で呼ばれています。日経平均の個別銘柄というのはとてもわかりやすいといわれています。

 

普通の投資と日経225の投資が何が違っているのかというと、期限があることや証拠金という保障金で取引をするということが他の投資との違いではないでしょうか。日経225では証拠金取引が可能ですから、1000円で10万円の取引が出来ることもあるということになり、少ない資金から始められるというのも魅力ではないでしょうか。

日経225の初心者

誰でも初心者の頃はあると思いますが、日経225を始めたばかりの初心者の人は色々と注意点がありますからしっかりと心得た上で日経225取引をするとスムーズに取引が出来ていいかもしれませんね。

 

では具体的に日経225を初心者が取引を始めるにあたってはどのような注意点が必要でしょうか。

 

例えばセルフマネジメントについてですが、日経225の投資に限らず、投資をするという場合にはセルフマネジメントを立てておくことが必要ですね。勝率100パーセントにこだわるのではなくて、セルフマネジメントを立てるときには、勝率は60パーセント、70パーセントくらいにしておくといいと思います。

 

実際に初心者は日経225で勝率100パーセントを望むかもしれませんが、そんなに思い通りには取引は出来ませんから、最初から背負い込むのではなくて、6割7割程度の勝率が一番いいでしょう。

 

また日経225の初心者は情報収集をかかさないでほしいですね。というのも、個人の投資家というのは情報収集をしっかりとして行っていますから、日経225に関することだけでなく経済関連のニュースなどもしっかりとチェックした上で日経225の取引を開始するようにしましょう。日経225初心者向けのブログやサイトなども参考にするといいでしょう。